FC2ブログ

「暑さ寒さも彼岸まで」と言われるように、急に気温が上がり、一気に桜が満開になりました。
草木が芽吹き、花が咲き、鳥がさえずり、春を身体に感じます。
数日前、つばめが飛んでいたよ、と聞きました。南から海を渡ってやってくる頃なのですね。

この時期は、気温の変動が激しいため、天候の変化に対応する機能が乱れて、体調を崩すことも多いですね。
そんなときは、気分転換をして体調を上手にコントロールしましょう。

                a.jpg 


最近、ハチミツを毎日使うようになり、ふと、ハチミツは身体にいいと言われてても、どんな効果があるの?・・・と、思い調べてみました。


ハチミツに含まれている栄養素
 ビタミン(B1,B2、B6、ビタミンCなど)、
 ミネラル(カリウム、ナトリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄など)、
 アミノ酸、酵素、ポリフェノールなど
   多くの成分が含まれ、栄養価が高い食品とされています。



ハチミツの効能

疲労回復
ハチミツは短時間で身体に吸収され、すぐにエネルギーになってくれるため、スポーツをした後や疲れた身体を回復させるために効果的です。胃への負担も少なく、高齢者の方や病気の方の栄養補給にも役立ちます。


便秘・下痢
腸内の善玉菌が少なくなると、腸の働きが悪くなり、便秘や下痢といった症状が出てしまいます。ハチミツには、ビフィズス菌を増やす作用があり、腸内環境が整えられます。
 ヨーグルトにハチミツをかけて食べる習慣をつけると、効果は倍増です。

殺菌効果
ハチミツの賞味期限は2年以上あり、多少風味は落ちますが5年以上経っても悪くならないそうです。
その殺菌作用のため、次のような効果もあるようです。
口内炎には・・・水で8~10倍に薄めて塗る。塗りにくい場所には、ハチミツを溶かした蜂蜜水でうがいをする。
風邪・口臭予防には・・・蜂蜜水でうがいをしてみしょう。のどの調子が悪い、咳が出る、風邪かな?というときに試してみて下さい。


不眠
現代人の不眠の多くはストレスが原因だと言われています。
眠りたいのに眠れない・・・そんな時は、ハチミツ入りのホットミルクを飲んでみましょう。寝付きがよくなり眠りやすくなります。ハチミツだけ飲んでも効果はあるようです。
ストレス感じて参ってる時やイライラした気分を鎮めるのを助けてくれます。



美肌効果
唇の荒れには・・・ハチミツを唇に少量塗るだけでと、水分がキープされてぷるぷるの唇になれます。
手荒れには・・・肌に塗ると潤いを保ちます。ハンドクリームに少量のハチミツを混ぜて使うと効果がアップします。

砂糖の代わりに
ハチミツは、砂糖よりもカロリーが少なく、少量でも満腹感を与えてくれるため、食パンにかけたり、料理や紅茶など砂糖の代わりに使ってみましょう。


ハチミツの種類
加工処理によって3つのタイプに分けられます。

加工処理を一切行っていない、天然のままのハチミツである『純粋はちみつ』
水あめなど人為的に加えられた『加糖はちみつ』
加熱処理した『精製はちみつ』

もっとも品質が良いのは『純粋はちみつ』です。
ハチミツは加熱処理をすると、ビタミン類が壊れたり、香りが飛んでしまうことがあります。


固まったハチミツの溶かし方
ハチミツは低温になると固まってしまいます。成分には問題ありませんが、使いにくいですよね。
 ハチミツの入ったビンのフタを外して、鍋に水を入れて火にかけ、徐々に温めます。
 溶け始めたら、箸などでかき混ぜ、溶け具合を見て火を止めます。
   トロトロになったら出来上がりです。

スプーンにハチミツをくっつけない方法として、スプーンをお湯で濡らしてから使ってみましょう。




※1歳未満の乳児にはハチミツを食べさせないで下さい。
一般的にハチミツは、ボツリヌス菌の芽胞が混入している危険があるといわれているため、厚労省では、抵抗力が弱い乳児には食べさせないようにと指導しています。

ハチミツを上手に使って、健康な身体を作りたいですね















スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)