FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーヒーって体に良いもの?悪いもの?

年が明けて、1ヶ月経ちました
まだまだ寒い日が続いてます。
そんな日には温かい飲み物が飲みたい
ですよね〜

みなさんはそんな時何を飲んでいますか
私はよくコーヒーを飲みます。
コーヒーにはさまざまな効果があり良い噂と
悪い噂を聞いたことが
あります。

そこでコーヒーは体に良いものなのか
悪いものなのか気になった
ので調べてみました






まずメリットにはこんなものがあります。

眠気を防ぐ

脳内の機能を向上させる

脂肪を燃焼させる

糖尿病のリスクを下げる

肝疾患から身を守る

栄養が摂れる

(ビタミン•カリウム•マグネシウムなど)


カロリーはほぼゼロで頭スッキリして、
健康になれる飲み物なんて
すごいですよね〜

さて良いことづくめのようにみえる
コーヒーですがデメリットもある
ようです。

コーヒーには
カフェインが多く含まれています。
コーヒー以外にも紅茶や烏龍茶、
コーラなどにも入っていますが
コーヒー
特に多く含んでいます。

カフェインを摂りすぎてしまった時の
デメリットには


胃を荒らす

貧血

睡眠の質の低下

自律神経の乱れ


などがあります。

適度に飲む分には体に良いものですが、
飲み過ぎるのは
良くないようです。
飲み過ぎるとカフェイン依存症に
なってしまう場合があります。
依存症の場合にはカフェインを
摂取しないと以下の
症状を認めます。


頭痛

体がだるい

頭がぼんやりする

不安になったり気分が

落ち込んだりする

嘔吐

集中力がなくなる

眠気


これらの症状が1つでもある場合は
依存症の可能性があります。
その場合は少しずつ減らしてみる
と良いかもしれませんね

コーヒーの1日の適切な摂取量は健康な人で
コーヒーカップ2〜3杯が良いようですよ。



基本的にコーヒー
体に良いですが飲みすぎないで、
ほどほどに飲むのが一番
良いみたいですね

もちろん飲むだけではだめなので
運動もして健康な体を目指して
頑張りましょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。