FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食中毒に負けないぞ!

気付けばもう9月。秋ですね~
今年の夏は雨も多く、梅雨が続いているような
夏らしくない天気の日も多かったですね。

最近になって涼しい日も増えてきましたが、
意外にも9月は食中毒が多く、
体調や食事の管理にはひきつづき気をつけなくてはなりません。

そこで今回は“食欲の秋”に向けて、安全に美味しい食事を
楽しんでいただくための「食中毒予防」のポイントを
お伝えしたいと思います


食中毒予防の3原則は、
 1.菌をつけない 
 2.菌を増やさない 
 3.菌をやっつける です!

1.「つけない」ために
 ・買い物では、肉・魚のパックをそれぞれ分けて包む。
  生で食べる物につかないようにする。

 ・手を洗うときは、35℃くらいの流水で洗って、
  清潔なタオルかキッチンペーパーでふく。

 ・調理器具はしっかり洗って、肉・魚を調理した
  あとは、熱湯消毒をしましょう。
   
 
  でも‥毎回熱湯消毒は大変という場合は、
      使用済みの『牛乳パック』を乾燥させて、
      切り開いたものをまな板のにして、
      その上で切って使い捨てにする方法も
      あるみたいですよ。

 
        
img_1魚2 

2.「増やさない」ために
 ・冷蔵庫の開閉はすばやくして、温度管理が
  しやすいように冷蔵庫内は詰めすぎない。(7割くらいがベスト

 ・冷食品の解凍は冷蔵庫でおこなう。
  (菌は5~60℃の間で増殖しやすいです

 ・調理後の食事を保存する時は、早く冷めるように、
  容器に小分けにして冷やす。

3.「やっつける」ために
 ・加熱するときは、中心部の温度が75℃で
  1分以上あたためられるように火を入れる。
 
 ・あたため直す時も、75℃以上で十分に加熱する。
  (蓋を利用すると効率よく加熱できますよ。)


ちょっと手間のものもありますが、できそうなことからお試しして、
秋の美味しい食事を楽しんでください


最後にちょっと気になることが…

「同じ物を食べても、食中毒になる人と ならない人がいるのはどうして?」

それは、
「風邪がうつるのと同様に、食中毒もその時の健康状態に左右されるから、
 かかる人とかからない人が出てくる。」のだそうです。

同じ物を食べても、細菌による食中毒の発症率はだいたい30%くらいで、
他の病気にかかっていたり、消化器官や免疫力の未発達な子ども
高齢の方は、より注意が必要になります 。

健康な方でも、過労や睡眠不足やストレスなどで、
知らぬ間に体力を消耗していると、
食中毒にかかりやすくなってしまうこともあるので、
気をつけてくださいね

      
秋 

これから、美味しいものがいっぱいの秋がやってきます
適度な運動、バランスのとれた食事、規則正しい生活を心がけて、
食中毒に負けない健康な体づくりをしていきましょう 


 樹クリニックでは、9月20日(土)に
  「健康教室 
    ~ロコモティブシンドローム~
        健康寿命をのばすには?」  
を行います。

筋肉や骨を丈夫にする運動もご紹介しますので、
ご都合のつく方はどなたでも、ぜひご参加くださいませ






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。