admin≫

 寒さ対策 

こんにちは
今年も残すところあとわずかですね

最近は一段と寒くなり、そろそろが降りそうな予感がします。
皆さんはの準備はできましたか?
私はこの間やっとタイヤスタッドレスにかえました
2013122002073232f.jpg

これでもうが降る準備は万端です



さて、の準備も必要ですが、寒さ対策はできていますか
ほとんどの方はをたくさん着て、対策しているかと思いますが、
間違った服装をしていませんか


衣類で効果的に体を温めるポイントは、
3つの
、手、足の保温です。
女性なら、さらにお腹を温めることが
様々な婦人病の予防につながるのでいいそうです

は、を支えているために筋肉が緊張していて
血液の流れが悪くなりやすいのですが、
や手・足を暖めると、滞りやすい血流が良くなることで
全身の血流が良くなります。
を温めると皮膚の下を流れている血液も同時に温まり、
そのが流れることで体全体が温まると考えられているそうです
ネックウォーマーやマフラー、リストウォーマー、レッグウォーマー
などのアイテムで温めるようにするといいですね

保温性に優れている服の生地としては、
羊毛、シルク、カシミア、アクリル、ポリエステルを着るといいそうです。


体にぴったりとしていれば、
保温効果もありそうだし良いのでは?
と思っている方が多いと思います。
しかし、体を締め付ける衣類では血行が悪くなり逆効果になってしまいます。
理想的な肌着洋服は、
サイズにゆとりがあり体と衣類の間に空気の層ができるもです。
また、肌着の場合は、
ムレない冷えないベトつかない」
をキーワードに、締め付けすぎない体にフィットするものを
選ぶといいです

肌着の重ね着をする場合は
気温差に合わせての脱ぎ着ができないので、
暖房などで汗をかいたまま濡れた肌着を身に着けていると、
体が逆に冷えてしまいますので気をつけて下さい


肌着、シャツ、セーター、コートで重ね着して空気の層をつくり、
その場の温度に合わせて脱ぎ着しやす服装で過ごしましょう



スポンサーサイト


 この記事へのコメント 

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

樹クリニック

Author:樹クリニック
〒484-0059
愛知県犬山市上坂町五丁目232番地
TEL(0568)62-3101
FAX(0568)62-3107
内科・小児科・循環器科・
皮膚科・泌尿器科・
血液透析センター

いつき介護相談センター犬山
(居宅介護支援事業所)
TEL/FAX(0568)61-6196


-天気予報コム- -FC2-
ニャンコ
樹クリニック外来スタッフより
いろいろな情報をお届けしております♪
QRコード