admin≫

 よく耳にする五月病について 


少しずつですが、だんだん暖かくなり、春に近づいてきましたが、花粉症などでイライラしていませんか?
花粉症もそろそろ終わりに近づいてきましたネ

春になり、進学・就職と4月から心機一転、新しい環境に入り、少しづつ慣れ始めてきた5月
なんとなく体がだるかったり、集中できなくて勉強や仕事に身が入らなくなっていませんか?

そんなあなた、もしかしたら五月病の兆しアリかもしれませんよ~

五月病とは

期待に胸を膨らませて新しい環境に入ったが、その新しい環境についていけず、焦りを感じたり、夢と現実にギャップを受けたりした結果、仕事や勉強への意欲を失ってしまう症状の事を言います。

大学入学後の学生が、ゴールデンウィーク明けぐらいからストレスより無気力になる事からついた病名と言われています。
が、新しい環境に慣れなかったり、期待感とのギャップによるストレスからくる症状でもあるので「5月にしかならない」とか「学生しかならない」というものではなく、誰でもなりうる症状なのですネ。

専門医の間では、アパシーシンドロームと言われています。
スチューデントアパシー(学生の無気力症)、サラリーマンアパシー(サラリーマンの無気力症)

医学的には、「適応障害」とも言われるそうです。

社会人の場合は、新人研修が終わって実務に入リ出す6月頃にこの症状が出る事が多いため、新五月病 又は、6月病とも言うそうですヨ

主な原因
  初めての1人暮らしや新しい環境についていけない

  新しい人間関係が思うようにいかない

  入試・入社といった大きな目標を達成した解放感がある

  大きな目標を達成したことにより、次の目標を見失ったり、混乱し          
    たりする

  想像していた新生活と現実のギャップについていけない

主な体に出てくる症状
  疲れやすい・朝起きられない・食欲がない・疲労感がある
  
  頭痛、腹痛、便秘など・動悸・めまいがする
 
主な内面的にすてくる症状
  焦燥感がある・イライラする・やる気がない・不安感がある

  なんとなく落ち込む・なにもやりたくない・思考力や判断力が持て                 
   ない・興味や関心がわかないなど


もし五月病かな?と感じたら・・・
  趣味やスポーツでストレス解消 

  たっぷり寝る

  ゆっくりお風呂に入る

  好きな音楽を聞く

  アロマテラピーでリラックス
 
  映画やコンサート、旅行などで気分転換
 

但し、くれぐれも食事やアルコールに頼り過ぎる事は、摂食障害や急性アルコール中毒などの別の問題を引き起こす可能性があるので、お勧めはできません

「おかしいなあ~」と思ったら・・・
体調や気分の異変が続くようなら適応障害や気分障害などの可能性を考えて出来るだけ早く病院に行きましょうネ


スポンサーサイト


 この記事へのコメント 

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

樹クリニック

Author:樹クリニック
〒484-0059
愛知県犬山市上坂町五丁目232番地
TEL(0568)62-3101
FAX(0568)62-3107
内科・小児科・循環器科・
皮膚科・泌尿器科・
血液透析センター

いつき介護相談センター犬山
(居宅介護支援事業所)
TEL/FAX(0568)61-6196


-天気予報コム- -FC2-
ニャンコ
樹クリニック外来スタッフより
いろいろな情報をお届けしております♪
QRコード