admin≫

 風邪とインフルエンザ 

寒い日が続いていますね
クリニックを受診される患者様のなかには、発熱、咳、のどの痛み、鼻汁、くしゃみなどの風邪症状を訴える方が増えてきています汗 by yuupan.

体調管理にはますます気をつける必要がありますさんの絵文字


普通の風邪とインフルエンザの違いは?

 
普通の風邪:のどの痛み、鼻汁、くしゃみや咳などの症状が中心で、全身症状はあまり見られない。発熱もインフルエンザほど高くなく、重症化することはあまりない。

インフルエンザ:38以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛など全身の症状が突然現れる。併せて普通の風邪と同じように、のどの痛み、鼻汁、咳などの症状も見られる。

 


風邪やインフルエンザを予防するためには・・・

手洗い・うがいをする
 手洗いは手指など体に付着したウイルスを物理的に除去するために有効な方法であり、風邪やインフルエンザに限らず感染予防の基本ですさんの絵文字

 うがい
口の中やのどについた微生物を取り除くため、そして口の中を清浄にすることによって一定の効果があると考えられていますさんの絵文字

  
適度な湿度を保つ
 空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下し、インフルエンザにかかりやすくなります。特に乾燥しやすい室内では加湿器などを使って、適切な湿度(60~70%)を保つことも効果的です。

マスクを着用する
 マスクを着用することはひとつの感染防御策と考えられます。
 

十分な休養とバランスのとれた栄養摂取

体の抵抗力を高めるために、十分な休養とバランスのとれた栄養摂取を日頃から心がけましょう。



最後に、風邪の予防・病中病後にお勧めできる飲み物、お粥をいくつかご紹介します!!

ネギスープ
 湯に白ネギのみじん切り、しょうが汁、味噌または醤油(麺つゆ)で味付けをして電子レンジで温めます。

ダイコン湯
 ダイコンおろし、はちみつ、しょうが汁に熱湯を注いでいただきます。

クズ湯
 小さじ1のクズ粉(本クズ)を少量の水でよく溶きます。しょうが汁、はちみつを加え、湯を注いで電子レンジにかけ、よくかき混ぜていただきます。

お粥
 鍋にご飯と1.5倍量の湯を注いでお粥にし、白ネギのみじん切り、大葉の千切り、しょうが汁(おろしニンニクでも可)を加え、塩で味を調えます。

ニラ粥
 鍋にご飯と1.5倍量の湯を注いでお粥にし、にらの小口切りを加え、しょうゆ少量と塩で味付けをして溶き卵を流し入れ、半熟でいただきます。

スポンサーサイト


 この記事へのコメント 

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

樹クリニック

Author:樹クリニック
〒484-0059
愛知県犬山市上坂町五丁目232番地
TEL(0568)62-3101
FAX(0568)62-3107
内科・小児科・循環器科・
皮膚科・泌尿器科・
血液透析センター

いつき介護相談センター犬山
(居宅介護支援事業所)
TEL/FAX(0568)61-6196


-天気予報コム- -FC2-
ニャンコ
樹クリニック外来スタッフより
いろいろな情報をお届けしております♪
QRコード