FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅雨入り

なんだか天気の不安定な日が続いていますね
みなさんもご存知のように梅雨入り発表されています
昨年と比較すると6~20日ほど早いと気象庁より報告がありました

天気が不安なときこそ体調を崩しやすくなってしまいます

梅雨時期に起こりやすい病気についてお話します

頭痛
    気圧の変化が激しく、自立神経の乱れることから発生します。

皮膚炎
   湿気が多いと皮膚病の感染も多くなります。
   子どもの場合プールや水遊びで感染することもあります。
   また、気づかずに掻き、そこから細菌が入り込み悪化するケースもあります。

気管支炎・喘息
   喘息の原因となるカビやダニは湿気が多い時期に発生しやすい特徴があります。
   気温の変化も激しいため、体調を崩しやすくなってしまいます。

神経痛
   気圧の変化や冷房の使用により冷えが生じ起きます。

紫陽花 


体調を崩さないためのポイントは以下のようになります

 体を動かしましょう
     筋肉を使うと血行や代謝がよくなり、余分な水分や毒素が体外に排出されます。
     軽いウォーキングやちょっとしたときに階段を使用したりしましょう。

 眠る前に入浴
     床に就く30分前に入浴をお勧めします。心身がリラックスすることにより、
      より深い眠りに導いてくれます。
    お風呂の温度は38~39度、浴時間は30分ぐらいが理想的と言われています。

 十分な睡眠
      睡眠を十分にとることにより、自律神経の乱れを防ぐことができます。
      睡眠時間の理想は、7時間程度と言われています。

 食生活・水分補給
     暴飲暴食は、胃に余計な負担を与えてしまい体調を悪くする原因となります。
     食べ物は30回を目標によく噛んで食べましょう。
      そうすると満腹感も十分に得ることができます。
     冷たい飲み物は体温の低下に繋がってしまうため、温かいものと冷たいものの
      バランスを考え摂取しましょう。
     1日の水分摂取量の目安として、1ℓ~1.5ℓ程度にしましょう。


自分自身の体調管理に気を付け、このジメジメした梅雨の時期と上手く付き合っていきましょう

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。