FC2ブログ

暑さ対策を!

暑さもまだまだまだ続きそうですね
18日に日本列島は、強い勢力の太平洋高気圧により全国各地で猛暑日となりました
樹クリニックのある愛知県のお隣、岐阜県多治見市では全国最高の38.8℃を記録しました
921の観測地点がある中で、最高気温の35℃以上が145地点、30℃以上は660地点での観測となったとききました

そんな猛暑日が続く中皆さんは熱中症対策を行っていますか
まず熱中症とはどんなものと思われた方もいると思います
 外気において高温多湿などが原因となり高温障害が起こる症状の総称のことを言います
 熱中症には病態の違いから4つに分かれ、熱失神、熱痙攣(けいれん)、熱疲労、熱射病(日射病)です
 上記の4つの詳しい説明については、7月21日のブログをご覧ください

熱中症対策として簡単にできることを紹介します
 外出の際は日傘や帽子で直射日光を避けましょう
 こまめな水分補給を心がけましょう
 水やお茶だけではなく、塩分やカリウムなどが摂取できるスポーツドリンクをお勧めします
 そして適度な休憩を取り、体をしっかり休めることが大切です
 
日本体育協会は熱中症予防のための8条を広めています
 
 知って防ごう熱中症
 暑いとき、無理な運動事故のもと
 急な暑さは要注意
 失った水と塩分取り戻そう
 体重で知ろう健康と汗の量
 薄着ルックスで爽やかに
 体調不良は事故ものと
 あわてるな、されど急ごう救急処置
こちらの熱中症予防の基礎を覚えていくと役立つと思います


暑い日が続くのと同様、熱帯夜も続いていますね
熱帯夜と言葉に聞くけど、どんなものと思われた方もいるかと思います

 熱帯夜とは、夜間の最低気温が25℃以上の日を熱帯夜と呼びます

そんな寝苦しい夜をぐっすり眠れる快眠法を紹介します
 
 寝室の環境
  寝床につく30分前からエアコンをかけ、室温26℃,湿度50%~60%に設定しましょう
   眠り始めの3時間の眠りは深いため、エアコンのタイマーは3時間で切れるよう設定しましょう

  エアコンだけではなく扇風機も上手に使用しましょう
   風が体に直接当たると、その部分だけが冷えてしまい疲労感を増してしまいます
   部屋の空気に流れを作ることにより、汗の蒸発が促され体温も下がりやすくなります
 
  薄いナイトウェアを1枚着用しましょう
   吸湿性や放散性のよい生地は、汗を素早く吸い取って蒸発させてくれる働きがあります
  
 見直したい夜の習慣
  毎晩の晩酌ならば、ビールは中瓶1本・ワインはグラス2杯・日本酒1合あたりを目安にしましょう
   アルコール類の飲みすぎには、時間が経つにつれ眠りが浅くなりトイレへ行くために目が覚めてしまいます

  就寝前はノンカフェイン飲料を飲みましょう
   カフェイン飲料は眠りを浅くしてしまいます。コーヒーや紅茶・一部の栄養ドリンクなどは避けましょう

  就寝前のパソコンや携帯電話の使用は避けましょう
   パソコンをしようする際は、ディスプレイ画面の明るさをやや落として使用することをお勧めします
   夜にメールのチェックなどは、エスプレッソ2杯分の覚醒効果があるので注意が必要です

今回紹介したものは一部ですが、皆さんもぜひ実践してみてください
良い眠りのお手伝いができたら嬉しいです
スポンサーサイト