FC2ブログ

夏バテに注意しましょう

今年の夏は暑い

この暑さで食欲が落ちたり、体のえらさを感じていませんか?

夏バテ??

夏バテの原因は、
汗・・・・・・・・・・・・汗と共に身体に必要なミネラルが排出され、
            体内のミネラルバランスが崩れ疲労感を生じます。
冷房・・・・・・・・・汗をかかなくなると交感神経の働きが鈍り、
            体温調節機能が働きにくくなり、
            夏バテの原因の一つである自律神経失調症になりやすい。
暑さ・・・・・・・・・消化酵素の働きが低下します。
冷たい飲み物・・胃腸が冷えて消化不良になります。

夏バテ予防には
栄養バランスに気をつける
 暑くて食欲がなくなり、食べやすいものばかり食べていると
   栄養不足で力が入らなくなります。
水分をしっかりとる。
 熱中症の予防に大切ですが,
  とりすぎても消化吸収が落ちます。
冷やし過ぎない
 冷房は気温より5℃程度低めにするくらいにし、
   寝ている時は体温調整機能が十分に働かないため 、
 クーラーはドライで28℃前後がよいでしょう。
十分に睡眠をとる
 疲れを感じたらとにかく十分な睡眠と休養をとりましょう。
ストレス解消
 スポーツ等は疲労回復に役立ちます。


では、夏バテになってしまったら
栄養補給
   枝豆や豆腐のようなさっぱりして
        栄養価の高い食品がいいでしょう。
   昔から言われている「うなぎ」も高たんぱく、
        高脂質、ビタミンA・B群を含み優れた食品です。
水分補給
   沢山汗をかく人は、水分補給と共にミネラル補給も大切です。
   特に、カリウムが汗と一緒に身体から出てしまい、
        筋肉の働きが鈍くなり、力が出なくます。
   カリウム補給には生野菜、果物、スポーツドリンク等を
        摂るといいです。
睡眠
  元気回復は睡眠が1番 眠りやすい環境をつくりましょう。


以上のことに気をつけて、
今年の暑い夏を乗り切りましょう


8月から樹クリニックにディサービスが始まりました。

自立支援型リハビリステーション「アクティブいつき」です。
main_img.jpg 

7月には何人かの方が、
お試しとして1日デイサービスを体験され、
喜んで頂きました。

スポンサーサイト