FC2ブログ

献血体験談

今週は毎日雨傘が降ってますね。
室内の湿度の高さに体調を崩されている方も多いはず・・・。
各地で起きている大雨被害も、いつ身近で起こりそう474で心配です。ぞおお

前回は貧血についてのお話をしました。
今回は献血体験談を書きます。

大型スーパーや役所など街中で時々献血バスバスを見かける事があるかと思います。
今回は土日、祝祭日でもできる献血センターさとと-病院へ行きましたみずたまこ

ある日ふと思いつき、ふらりと立ち寄ったら昼休憩中うあっ
その日は諦めて帰りました・・・

という事で今度は時間を見計らって再度挑戦!

ここから献血した日の流れを書いていきます。
その日は土曜日に行ったためか、結構混んでましたびっくり
まず初めてなので、受付で申込書を記入メモ
本人確認のため保険証を提出します。

しばらくしてから次に問診票の記入をお願いされます。
記入は液晶画面にタッチしていき、全部終わったらプリンターが用紙を印刷してくれます。
こりゃ便利電球

「呼ばれるまで飲み物を飲んで座ってお待ちください。」と言われ、
(ちなみに、待合室に置いてあるお菓子おせんべい食べ放題、自販機の飲み物缶ジュースが飲み放題ですにっこり
お昼ご飯を食べたばかりだったので、混んでて座る場所もないし、ぼーっとつっ立ってました。

すると、医師による問診のため、呼ばれます。
さっき記入した問診票に基づいていくつか問診され、血圧を測定されます。

その後、血液型の確認、比重(重さ)測定のための採血献血です。
比重が足りないと献血が出来ないので、緊張の一瞬!

無事クリア!一安心ほっ

また献血の順番まで待合室で待ちます。
待っている間に飲み物を取るように再度言われたので、
何か飲んだ方がいいかしら、とお茶を頂きます緑茶

そして、ついに献血本番!
ベットに座り、さっき検査用に採血された逆の腕で採血。
見ると(聞いてはいたけど)かなり太い針かお
そして私の腕の血管は普通の人より探しにくい、つまり採血しにくい看護師さん泣かせの腕・・・。
またまた緊張の波が・・・ドキドキ

しかし、運が良かったのか看護師さんの技術が素晴らしいのか、
あまり痛くなかったですやったーアップロードファイル

5~10分程経ったら、必要分の血液がたまり、針を抜かれました。
「えっ!もう終わり!?」と思うくらい早かったです。

※今回私が行ったのは全血献血(血液の成分を分離することなくそのまま献血する方法)だったので
  そのくらいの時間でしたが、成分献血と言って血液の特定の成分だけを献血する方法は
  機械で分離してから返血するので、40分~1時間くらいかかるそうです。
  このためにベットサイドにDVD付きのテレビテレビが置いてあり、
  テレビや施設にあるDVDを見て時間を過ごすようです。

体力回復のため水分補給を十分に行うよう説明され、
針穴に止血テープを貼って、その上から止血バンドをして待合室でしばらく休憩します。

約10~15分後、受付の方から献血カード粗品(タオルか歯ブラシ)をもらいました。
1 
↑こちらがその献血カードです。裏に献血回数次回献血可能日が記入されています。

以上が初献血の体験談でした。
サービスとして、本人が希望すると血液検査の結果を後日自宅に郵送してもらえますPOST

近年、若年層の献血率が低下手書き風シリーズ矢印下しているそうです。
しかも、献血された血液は有効期限があります。
輸血用血液製剤は献血によってまかなわれますので、
需要に応じた十分な確保が大変のようです。

献血基準に満たなかったり、問診して献血できないと判断されることもありますが、
興味のある方は行ってみると貴重な経験ができるかもしれないですよjumee☆point1d

スポンサーサイト