FC2ブログ

季節は師走…

今年も残すところあとわずかとなりました
今年1年を振り返って皆さんはどうでしたか
良い1年を過ごされたでしょうか

さて、最近めっきり寒くなってきましたね
風邪などは引いていませんか

樹クリニックに来院される患者様の中にも喉の痛みや発熱・頭痛などの症状の方が増えてきています

そしてこの時期特有なものとしてインフルエンザが流行始めます

ここでインフルエンザについてご紹介したいと思います

メカニズムについて
  インフルエンザはインフルエンザ・ウィルスに感染することで発症。
  感染は飛沫感染と言われます。
  感染した動物や人がくしゃみや咳をすることにより空中に吐き出した粘膜液や唾液の中に混じります。
  他の動物やヒトが呼吸で吸い込むことによってウイルスが体内に入り2日~3日後に発症することが多いです。
  潜伏期は10日間に及ぶことがあり、子どもは大人よりずっと感染を起こしやすい傾向にあります。


主な症状について 
  突然38℃から、ときに40℃以上の高熱
  悪寒・頭痛・筋肉痛・関節痛
  全身の倦怠感
  咳やくしゃみ・鼻水・喉の痛  など


予防策について
  12月~3月下旬にかけてインフルエンザが流行時期となるため、早めにインフルエンザワクチンを接種しましょう。
  外出時には、飛沫感染予防のためマスクを着用し、人ごみを避けましょう。
  外出から戻ったら手洗い・うがいを心がけましょう。
  室内は乾燥させないためにも、加湿器などを使用しましょう。
  十分な睡眠を取り心と体をしっかり休めましょう 。


当院でもインフルエンザワクチンの予防接種を取り行っていますので、一度お電話等でお問い合わせください
 

上記のような症状・気になる症状などありましたら早めの受診と検査をお勧めします

最近では雪も降り、一段と冷え込んできましたね
体調管理には十分に気を付けましょう
スポンサーサイト



春がやって来ました

 4月が始まりましたね
 ご入園・ご入学・新社会人の方々おめでとうございます
 これか先色々な大変なことがあるかと思いますが・・・皆さんが大きく成長できるときです
 皆さん新しい道に向かって頑張っていきましょう

 そして春になり、各地域では春祭りが行われていますね  
 樹クリニックがある犬山でも、4月2日(土)・3日(日)に犬山祭りが行われました

 残念ながら犬山祭りには参加できませんでしたが、地元の“やぶさめ祭り”に行ってきました
 ブログを見ていただいている方のなかにはこのお祭りの名前を聞いたことがある方もいると思います

流鏑馬(やぶさめ)とは 
 
 疾走する馬上から的に鏑矢(かぶらや)を射る、日本の伝統的な神事のことを言います。
馬を馳せながら矢を射ることから、「矢馳せ馬(やばせうま)」と呼ばれ、次第に「やぶさめ」と呼ばれるようになったと言われています。
 矢が的に多く当たれば豊作、馬が巻き起こす風に当たると無病息災、はずれた矢を拾うと良縁に恵まれるといわれています。
 
     やぶさめ 
   境内から鳥居にのびる一直線の道を何往復も写真のように疾走する姿は迫力がありましたよ
  お祭りの会場となった神社にも春の便りが届いていました
  まだまだ満開とはいきませんでしたが・・・桜が咲いていました
  各地では桜が見ごろを迎えることと思います

 そこで、桜のスポットをご紹介します

 愛知県
    犬山城・木曽川河畔~郷瀬川河畔(城見歩道)・桃太郎公園《犬山市》,
    五条川《岩倉市》,鶴舞公園・名古屋城《名古屋市》

 岐阜県
    新境川堤《各務原》,恵那峡《恵那市》,長良川堤《岐阜市》,善勝寺《郡上市》

 三重県
    五十鈴川堤《伊勢市》,海蔵川堤《四日市市》,九華公園《桑名市》,
    上野公園《伊賀市》

 京都府
    嵐山・清水寺・二条城・平安神宮・哲学の道《京都市》     などです
sakura
 
と下の写真は、
岩倉市 五条川の2009年4月の写真です
さくら 

 花粉症で辛い方もみえると思いますが・・・
 ポカポカとした良いお天気には是非お花見やお祭りといったを見つけてみてはいかがでしょう

暑さ対策を!

暑さもまだまだまだ続きそうですね
18日に日本列島は、強い勢力の太平洋高気圧により全国各地で猛暑日となりました
樹クリニックのある愛知県のお隣、岐阜県多治見市では全国最高の38.8℃を記録しました
921の観測地点がある中で、最高気温の35℃以上が145地点、30℃以上は660地点での観測となったとききました

そんな猛暑日が続く中皆さんは熱中症対策を行っていますか
まず熱中症とはどんなものと思われた方もいると思います
 外気において高温多湿などが原因となり高温障害が起こる症状の総称のことを言います
 熱中症には病態の違いから4つに分かれ、熱失神、熱痙攣(けいれん)、熱疲労、熱射病(日射病)です
 上記の4つの詳しい説明については、7月21日のブログをご覧ください

熱中症対策として簡単にできることを紹介します
 外出の際は日傘や帽子で直射日光を避けましょう
 こまめな水分補給を心がけましょう
 水やお茶だけではなく、塩分やカリウムなどが摂取できるスポーツドリンクをお勧めします
 そして適度な休憩を取り、体をしっかり休めることが大切です
 
日本体育協会は熱中症予防のための8条を広めています
 
 知って防ごう熱中症
 暑いとき、無理な運動事故のもと
 急な暑さは要注意
 失った水と塩分取り戻そう
 体重で知ろう健康と汗の量
 薄着ルックスで爽やかに
 体調不良は事故ものと
 あわてるな、されど急ごう救急処置
こちらの熱中症予防の基礎を覚えていくと役立つと思います


暑い日が続くのと同様、熱帯夜も続いていますね
熱帯夜と言葉に聞くけど、どんなものと思われた方もいるかと思います

 熱帯夜とは、夜間の最低気温が25℃以上の日を熱帯夜と呼びます

そんな寝苦しい夜をぐっすり眠れる快眠法を紹介します
 
 寝室の環境
  寝床につく30分前からエアコンをかけ、室温26℃,湿度50%~60%に設定しましょう
   眠り始めの3時間の眠りは深いため、エアコンのタイマーは3時間で切れるよう設定しましょう

  エアコンだけではなく扇風機も上手に使用しましょう
   風が体に直接当たると、その部分だけが冷えてしまい疲労感を増してしまいます
   部屋の空気に流れを作ることにより、汗の蒸発が促され体温も下がりやすくなります
 
  薄いナイトウェアを1枚着用しましょう
   吸湿性や放散性のよい生地は、汗を素早く吸い取って蒸発させてくれる働きがあります
  
 見直したい夜の習慣
  毎晩の晩酌ならば、ビールは中瓶1本・ワインはグラス2杯・日本酒1合あたりを目安にしましょう
   アルコール類の飲みすぎには、時間が経つにつれ眠りが浅くなりトイレへ行くために目が覚めてしまいます

  就寝前はノンカフェイン飲料を飲みましょう
   カフェイン飲料は眠りを浅くしてしまいます。コーヒーや紅茶・一部の栄養ドリンクなどは避けましょう

  就寝前のパソコンや携帯電話の使用は避けましょう
   パソコンをしようする際は、ディスプレイ画面の明るさをやや落として使用することをお勧めします
   夜にメールのチェックなどは、エスプレッソ2杯分の覚醒効果があるので注意が必要です

今回紹介したものは一部ですが、皆さんもぜひ実践してみてください
良い眠りのお手伝いができたら嬉しいです

夏風邪

ワールドカップ南アフリカ大会
残念ながら日本は、準々決勝には進めませんでしたが、
とても盛り上がっていまね


さて今回は夏風邪についてです

夏風邪とは、 夏にひく風邪を一般的に『夏風邪』と呼んでいます
この時期、乳幼児から小学校低学年の子供中心に、
突然、38~40℃の高熱をを出したり、喉の痛みや水疱等の症状が現れます。


夏風邪の特徴
夏風邪は冬風邪同様に免疫力が低下した体にウイルス等が侵入して発症しますが、
季節的に高い気温や湿度を好むウイルスなどの違いがあり、症状が徐々に進行し長引く傾向にあります。

夏風邪の原因
風邪の原因はウイルスがほとんどで、夏風邪の原因もウイルスです。夏風邪の代表的はウイルスは『エンテロウイルス』
や『アデノウイルス』 などがあります。
また、ウイルスが体内に侵入する場合、体内の免疫力が低下していることが考えられ、夏の暑さによる食欲不振・室内外の温度差が体への負担になり免疫力低下の要因であると考えられます。

夏風邪の代表的な種類
ヘルパンギーナ
 急な高熱(38~40℃)に伴い、喉が痛くなり、口の中に水疱や潰瘍ができます。
手足口病
 手のひらや足の裏、口の中に水疱発疹ができ、発熱しても38℃以下のことがほとんどです。
咽頭結膜熱(プール熱)
 39℃前後の高熱が3~5日間続き、喉の痛みがあり、目の充血や目やにがでます。
 この他に 頭痛、寒気、食欲不振、吐気、下痢、鼻水などの一般的な風邪の症状がでることもあります。
 別名プール熱と言われ子供がプールをかいして感染することが多いです。

夏風邪の対処法
 まずは、無理をしないで体を休めることが大切です。
栄養を取る
 炭水化物やたんぱく質を中心とした消化のよいものがお勧めですが、
 口の中に潰瘍ができていたりしたら沁みて食べようとしません、そんな時は、
 ゼリーなど口当たりのよいものを、それでも食べない場合は、
 ポカリスエットなどを、 少しずつ数回に分けてあげて下さい。
 
水分補給
 熱があると体から水分が蒸発し、脱水症状になりやすく、
 脱水症状になると熱が下がりにくくなります。

入浴
 症状が軽く熱がない場合は入浴することにより新陳代謝が高まりリラックス効果が期待できます。

適温に設定
 クーラーなどを利用し、室内を涼しく快適に保ち、身体への負担を減らします。
 
夏風邪に罹らないためには

  •  外出先から帰ったら、必ずうがいと手洗いの習慣をつけましょう。
  •  栄養のバランスや水分補給を心掛ける。
  •  栄養があり消化のよいものをとりましょう。
  •  睡眠をしっかりとりましょう。



SANY0067.jpg
クリニックで植えているゴーヤに小さな実が出来ていました

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

鵜飼開き

6月に入りました。梅雨はまだですが、
庭のアジサイの花が綺麗に咲いています。
少し、雨が恋しそうかな

気候が不順で、長期予報では冷夏とか・・・心配です
このような時は体調を崩しやすくなりますので、体調管理に気をつけてくださいね

今朝、テレビを見ていたら缶コーヒーの『BOSS』の宣伝で、
宇宙人が鵜飼をしている映像が流れていて、びっくり・・・・
思わず見入って、
「この星の住人は鵜飼の鵜に似ている・・」という台詞に・・大笑いしてしまいました

そうだ!鵜飼開きの季節なんですね

6月1日にこの樹クリニックのある犬山で鵜飼開きがありました。
この木曽川鵜飼は1300年の歴史があり、
昼鵜飼をするのは、全国的に木曽川鵜飼だけのようです。
夜の木曽川鵜飼は犬山城を背景に鵜船のかがり火と共に、
鵜匠の巧みな手縄さばきと鵜の妙技を間近で見ることができます。
期間は6月1日より10月15日までです。

日本の鵜飼は岐阜県、愛知県、京都府、愛媛県、大分県、福岡県など
11府県13箇所で行われており、 昔は漁法としての鵜飼でしたが、
今は観光事業として行われいるそうです。
 
鵜飼の紹介をしている私ですが、
木曽川鵜飼はまだ見たことがないんです、
折角、この犬山に住んでいますので、
是非、今年は伝統のある木曽川鵜飼見物に行ってきたいと思ってます。



今年の犬山市の市健診が6月から始まりました。
1昨年よりメタボ健診となり、
腹囲を測定しなければいけなくなり、
最初は『腹囲を測るの~~~
と、驚かれる方がみえましたが、
この所は、メタボ=腹囲が浸透したようで、
驚かれる方は少なくなっています。

今年の市の健診は12月まで行われていますが、
年末になると、インフルエンザの予防接種があったり、
インフルエンザが流行ったりして混雑することが予想されますので、
早めの受診をお勧めします。
同時にガン検診も行っております。
予約で行っていますので、電話にてお問い合わせ下さいね

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記